お薬ではできない治療がある

お薬ではできない治療がある – 鹿児島県いちき串木野市 みなと病院 医療法人静和会 

非薬物療法について

非薬物療法に積極的に取り組んでいます。
まずは、非薬物療法について説明させていただきます。

“笑う門には福来る”“笑いは百薬の長”“ 笑いに勝る良薬なし”“スランプの最上の特効薬は笑いである。”など、“笑””に関する有名な言葉がたくさんあります。
もちろん、気分が落ち込んだとき、考えがまとまらないとき、お薬は大切です。ですが、お薬を上手に飲み続けたからといって、必ずしも笑顔になれるとはかぎりません。
みなと病院では“笑顔は人を元気にする。そのきっかけの一つになるのが、“非薬物療法”と考え推進しています。

これらの笑顔を促す活動をする中で大切だと思うことは、そこにいる人すべてが笑顔になるということです。
だからこそ、スタッフも一つになり自然に笑顔が出ることが、患者様からも笑顔を頂けると最近特に感じています。
また、これら非薬物療法は自分たちで必要と考えたものを、病院で積極的に取り入れられる環境というのも、みなと病院の特色の一つだと思います。

アニマルセラピー

月に1回認知症治療病棟の入院患者様を対象に行っている活動です。
動物とのふれあいを通してこころ豊かな生活を提供するアニマルセラピーを専門に行っている『まうるーる』様に来院いただいています。

スタッフとワンちゃんたちが各病室をまわり声をかけてまわったり、リードを持たせてもらい病棟を歩いて回ったりと楽しい時間を過ごします。

以前の経験から、動物とのふれあいを懐かしむ方だけでなく、動物のかわいらしい仕草を見て、笑顔がこぼれることもあります。

アニマルセラピー アニマルセラピー アニマルセラピー

美容セラピー

美容セラピーも同様に月に1回、POLA化粧品のビューティーアドバイザーの方にご来院いただき、『美容セラピー』を実施しております。

ハンドマッサージとメイクを中心に行っており、対象は認知症治療病棟に入院されている方です。
手のマッサージ・ツボ押しでは血行促進、疲労解消の効果があります。

メイクを受けられる女性患者様は、久しぶりのお化粧に恥らいながらも、「お綺麗ですね。」と褒められるとニッコリされます。

美容セラピー

音楽療法

毎週月曜日に精神科一般病棟・精神科療養病棟で実施しています。
音楽療法士の吉田先生に来院いただき、大勢の参加者と活動を行っています。

季節の唄・懐かしい歌、有名な歌、たくさんの曲を合唱、楽器演奏を行っています。
音楽というツールを使って、人と人を結びつけ、同じ気持ちになれることから自然と笑顔が生まれます。

音楽療法 音楽療法士の吉田

音楽療法士より

音楽療法とは、「音楽の持つ生理的・心理的・社会的働きを心身の障がいの回復・機能の維持改善、生活の質の向上に向けて意図的、計画的に活用して行われる治療的教育的技法」と定義されています。
療法で使われる音楽や活動は定昇となる人のニーズや能力に応じて提供しています。
上手に演奏することが第一義的に目指すのではなく、対象者の健康や成長にとって意味深い音楽体験がなされることこそが大変重要です。